バンドとモテ1

歌を歌う男性

良くある勘違いで、バンドをやればモテるというのがありますが、それは大間違いです。モテません。とりわけ学校のサークルのライブはほとんど内輪ノリです。学内のライブで、しかも初心者のあなたが手元を見ながらこじんまりと演奏する姿というのは、決してカッコいいとは言えないでしょう。カッコ悪いです。しかし、あなたが悪いわけではありません。悪いのはそこで歩みを止めてしまう心です。カッコ悪いと思うなら、今から変えていけば良いじゃないですか!!!カッコいいバンドマンになって、あわよくばモテモテ。ここではそういうことをマジメに考えていきたいと思います(笑)

まず、何故ライブでカッコ良く見えるかというと次の要因が挙げられます。

  • バンドマンっぽい、尚且つジャンルに合った服装をしている
  • 演奏中は出来るだけお客さんの方を見ている
  • リズムにノッっている
  • 演奏がしっかりしている

ハイ、一番最初に服装のことを挙げました。

何故かというと、ライブというのは、SEやライトやスモーク等で演出されたステージで、大音量で演奏を繰り広げ、お客さんを楽しませたり、メンバーがカッコつけたりする非日常空間なのです。お客さんはその音楽に溢れた非日常を楽しむ為に来ているので、やはり演奏する人達もその場にふさわしい格好をするべきだと思うからです。

美容師さんが野暮ったい格好だったら、髪を切って貰いたいと思うでしょうか??
それと一緒。

どんな感じの格好が良いかは、音楽が好きなあなたなら何となく分かるでしょう?何かのジャンルに没頭しているのなら尚更です。何も、特別な格好をするわけではありませんよ。メタルが好きだからといって、黒いレザーの革ジャン着て、棘鋲のリストバンドして、グラサンする必要は全くありません!あれが許されるのはハルフォードとレイザーラモンHG(古い?)だけです。

要するに・・・
 
 
 
 
 
オシャレになれよ!!
 
 
 
 
 
という事です。
次ページに続くYO!

スポンサードリンク

 次の記事へ「」→


サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ