バンドとモテ3

こうした練習を繰り返してライブ慣れしていけば、見栄えの良いライブができるかと思います。しかし結局のところ、バンドやっててモテるというのは内面外面共々に、自分をカッコ良くしようと努力したり、物事に真剣に取り組もうとするメンタルを持っているからなんだと思いますね。あ~、バンドに限った話ではないねこれは。スポーツでも他の趣味でも一緒だよね。たまたま媒体がバンドだったって話で。

オリンピック選手とかは、例えマイナーなスポーツをやってたとしても絶対にその事を卑下しないし、むしろ他のスポーツ選手よりも真剣に取り組んでいたりするんだ。やっぱそういう姿ってカッコいいよね?何に対して取り組んでいるとかじゃなくて、真剣になっている姿、メンタルがカッコいい。

バンドでモテる事ばかりに捉われて、音楽を楽しむことを見失ってしまってしまったら本末転倒だし。そうやって迷走している姿ってのはむしろダサいと俺は思う。

まずバンドに対して真剣に取り組んでみて、あわよくばそのご褒美として、モテというのが付いてくるかもしれないと考えるくらいがちょうど良いんじゃないかな?それだとモテようがモテまいが、大好きなバンドにどっぷり浸かってハッピーなんだから。

カッコつけるなとは言わない。大いにカッコつけろ!
但し媚びるな。

俺のバンドモテ論はそんな感じだぁよ。
本当にモテたいのならメンズ・ノンノでも読んどけ!

スポンサードリンク

←「」前の記事へ   次の記事へ「」→


サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ