ギターの種類 – Fender編

バンドをやるには、まず楽器がないと始まらないですよね!!楽器には色々ありますが、手始めにギターを紹介していこうと思います。ギターには様々な機種があり、数多くのメーカーから発売されています。その中でもメーカーには、昔からロックやブルースを支えてきた2大巨匠が存在します。

FenderGibsonです。

私たちが良く見るギターのオリジナルモデルはこの2社が作っています。
その他のメーカー、あるいはFender/Gibson社内の廉価版ブランドが、Fender/Gibsonギターのコピーモデルや廉価版モデルを作っていて、初心者の私たちはまずそれらを手にするということになります。(他メーカーはコピーモデルだけでなく自社ブランドも展開しています。いずれ紹介させて頂きます)

というのも、FenderやGibsonから出ている純正のギターは非常に高いからです。普通に20万とかします。私ならまず廉価版モデルを買うことをオススメします。練習して腕に自身が出てきたら純正モデルを狙いましょう。

純正ギターは高いですが、数あるギターの土台であり、ギターを選ぶ際の基準にもなりますから、それぞれの特徴を覚えておいたほうがいいです。最低限、抑えておいた方がいいギターを紹介していきます。手始めにFenderのギターを紹介していきましょう。

ストラトキャスター

ギターといえばこのデザインを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?Fenderの看板モデル、ストラトキャスターです。ハイフレットが弾きやすいようにボディを大きく削るカッタウェイを施してあります。通常、トレモロアームが装備してあり、アーミング奏法を行うことも出来ます。

シングルコイルを3つ搭載しており、ピックアップを切り替えることにより多彩なサウンドを使い分けることが出来ます。2つのピックアップの中間にセレクターを合わせることでハーフトーンと呼ばれる特徴的なサウンドを鳴らすことも出来ます。

シングルコイルはハムバッカーに比べ出力が弱く、クリーンなサウンドに向いています。しかしマーシャルアンプのような大容量アンプに繋いでも、キレの良いディストーションサウンドを得ることができます。歪ませたときの伸びの良いほえるような高音域が聴いていて心地良いです。ハードロック、ポップス、ブルースといった幅広いジャンルに対応できます。

ジミ・ヘンドリックス、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、イングヴェイ・マルムスティーン、リッチー・ブラックモアなどが、ストラトキャスターを使用していることで有名なギタリストでしょう。

テレキャスター

ストラトキャスターより以前、1950年に発売されたモデルです。ストラトキャスターよりシンプルなデザインでポップな雰囲気のギターですね。シングルコイルを2つ搭載しています。サウンドはストラトに比べ太くてマイルドですが、シングルコイル特有の硬く澄んだ高音域も兼ね備えています。ストラトキャスターと同様に非常に愛用者が多く、幅広いジャンルで使用されています。主なギタリストはジェームズ・バートン、ジョー・ストラマー、キース・リチャーズ、布袋寅泰 など。

ジャズマスター

ストラトキャスター、テレキャスターの上位機種として発売されたモデルです。ジャズに使用するために開発されたにもかかわらず、ジャズに使用されることはありませんでした。

左右非対称の個性的なフォルムで、大き目のシングルコイルを2つ搭載しています。シングルコイルではありますがシャープなストラトとは違い、太くマイルドな音色です。特徴的なのは、ボディの右上部にプリセットボリューム、プリセットトーン、プリセットスイッチを搭載していることです。プリセットスイッチをONにすると、フロントピンクアップのみが動作し、プリセットトーン&ボリュームで設定した回路を通ったサウンドになります。この間、通常のトーン&ボリューム回路は動作しません。従って、フロントにはリアとは異なるトーン&ボリューム設定を割り振ることができ、表現できるサウンドの幅が広がります。ソロ時にプリセットをかますといった使い方が多いようです。

またリア・ピックアップのサウンドも独特で、サーフ系、ガレージロック、オルタナロックに使用されています。主なギタリストはサーストン・ムーア、J・マスシスなど。

ジャガー

ジャズマスターの上位機種として発売されました。ショートスケールを採用しているので、手の小さな女性にも扱いやすいギターです。シングルコイルを2つ搭載していますが、ジャズマスターとは違い、Fenderお得意のシャリシャリした歯切れ良いサウンドです。

スイッチ類に関してはジャズマスターのプリセットスイッチに加え、ボディの右上側にも3つのスイッチが追加されました。上からフロントピックアップのON/OFF、リアピックアップのON/OFF、ローカットスイッチとなっています。ローカットスイッチをONすると低音域をカットしたサウンドになります。またトルグスイッチは搭載しておらず、ピックアップの選択はこの新しく追加されたスイッチによって行います。トルグスイッチに慣れてしまった方には(大多数だと思いますが)、少し戸惑うかもしれませんね。

ニルヴァーナのカート・コバーンが使用したことで人気に火がつき、オルタナ・グランジ系のバンドで広く使われるようになりました。

ムスタング

ジャガー同様ショートスケールを採用しているモデルです。シングルコイルを2つ搭載しており、Fenderらしい高音域がキラキラしたサウンドです。ジャガーで採用されたプリセットスイッチ類は搭載しておらずピックアップのON/OFFスイッチのみとなっています。

アーミングが非常に軽く出来ており、簡単にアームを操作できる反面、チューニングが狂いやすいといった欠点も兼ね備えています。Charやカート・コバーンが愛用していました。

次回はFenderと双璧をなすギターメーカー、Gibsonです。

スポンサードリンク

←「」前の記事へ   次の記事へ「」→


サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ