ギターの種類 – お手頃価格編

Fender、Gibson純正のギターは初心者が買うにしては、あまりに高くとても手が出ないことでしょう。そこで今回は安く!お手頃な!廉価版を販売しているメーカー、及びブランドを紹介していきたいと思います。

Fender Japan

1970年以降、日本のギターメーカーがFenderのコピーモデルを低価格で製造し始めました。しかし、対するFenderにはこれらのギターメーカーに価格の面で対抗する手段を持ち合わせていませんでした。そこでFender社がブランドを関する権利を与えライセンス料で利益を得るためにFender Japanブランドが創設されました。

Squier

SquierもFenderの廉価ブランドです。当初は日本国内専売ブランドでしたが、最終的にはFenderの廉価ブランドとして全世界に供給されるようになりました。Hellow Kittyモデルといった珍しいギターも取り扱っています。

Epiphone

EpiphoneはGibsonの廉価ブランドです。Gibsonの廉価版ギターの他に、Epiphone独自モデルも販売しています。

EDWARDS

ESPの廉価ブランドEDWARDSです。Fender、Gibsonとはまた一味違いモダンでおしゃれなデザインのギターが多いです。もしあなたがヴィンテージなロックやブルースではなく、ヴィジュアル系、メタルといった音楽がやりたいのであれば、EDWARDSから入るのもありだと思います。使っているアーティストを見るとそんな人たちばっかりですね!!!(笑)

しかしESPのギター自体が高いので、その廉価ブランドであるEDWARDSもなかなか高いです!!

FERNANDES

FERNANDESは、Fender/Gibsonの廉価ギター販売し、独自モデルも展開し、独特なアーティストモデルも販売し、ZO-3という新しいタイプのギターも販売している、なかなか手広いギターメーカーです。Fenderの廉価版や独自モデルはFERNANDESというブランドで、Gibsonの廉価版はBURNYというブランドで商品展開しています。

スポンサードリンク

←「」前の記事へ   次の記事へ「」→


サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ