英語の歌詞について

バンドをやっていれば、全て英語の歌詞の曲もやる機会があるかもしれません。英語の歌詞が覚えられなくて苦労する方もいるでしょう。でも英語にこだわり過ぎるのも考え物です。ライブに来たお客さんはあなたの英語力を見ているのではないからです。あくまでもあなたが英語的発音で歌う時のカッコよさを見ているのです。英語っぽく聞こえれば良しとしましょう。意味とか分かんなくていいです。歌詞の意味を知りたければ、和訳付きの歌詞カードを見るか、無ければエキサイト先生に頼みましょう。

英語歌詞の暗記の仕方

英語の歌詞を暗記する際には、聞いたときの発音をそのまま素直に日本語に書き出しましょう。そしてその日本語を覚えるのです。英語を日本語として覚えれば、きっとあなたの脳味噌もその歌詞を吸収してくれるでしょう。ここで注意したいのが、聞いた発音をそのまま素直に日本語にするということです。英語を聞いたとき、おそらく義務教育によって培われた日本語英語のフィルターを通るのと思うので、、、

He got a mail.という歌詞を聞いたら

ひー がっと あ めーる

と書きたくなるかもしれませんが、正しくは

ヒーガラメェィ

です。そしてこのヒーガラメェィという日本語を覚えるのです。

英語のノリ

初めのうちは英語を聞き取ろうとしても、英語特有の発声法に慣れずに聞き取れないかもしれません。そこでいくつかポイントを紹介します。

前の単語は次の単語を食う

He got a mail. の例で言うと “got” という単語は「ガッ」と発音し、最後の “t” は子音で無声音なのでほとんど聞こえません。しかし次に “a” という母音があるために連結して、”got a” では「ガラ」と繋がって聞こえます。日本人のように文節で分けるような喋り方はしません。このように、次の単語を次々と連結していくことで英語特有の流れるような発声になっていくのです。

“a”の他には、”in”, “on”, “of”, “you”, “all”, “it”といった単語も食われやすいです。基本母音は食われます。ここでいくつか例を紹介しましょう。
*が付いている箇所が連結されています。

I love*you   → アイラビュー
…it*on*your… → イロンニュア
but*it rained*all → バリレインドー

歌詞カードに書いていても発音しない

英語では”a”, “the”, “and”といった単語は前の単語に食われてしまい、ほとんど聞こえません。なので舌が回らなければ、こういった単語は初めから言わなくてかまいません。また、メロディに詰め込める単語数のせいかは知りませんが、歌詞カードに書いている単語を意図的に言っていない場合があります。主語ですら省略されるときがありますが、あまり気にしてはいけません(笑)歌詞カードに捉われず、あなたの聞いた音を大事にしましょう。

母音にも気をつけよう

日本では「水」を英語にすると、ウォーターになるらしいですが、正確にはワラーと発声します。何かもう、オとアで母音からして違いますよね?日本語英語とネイティブ英語の間にはこういった母音の違いが結構あります。先入観に捉われないように気をつけましょう。

rのときは舌を上向きに!
aのときはアとエの中間の発音で!(必ずしもそうであるとは限りません)
こういう細かい箇所に気をつければより英語らしく発声できると思います。

スポンサードリンク

←「」前の記事へ   次の記事へ「」→


サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ