ギターメンテナンスに必要な工具

ギターメンテに必要な工具

自身のギターの構造、音を出す上で大切になる部分を理解するためには、しっかりした工具を用いて自身でメンテナンスを行うことが一番です。もっとも身近になるメンテナンスは弦の交換です。弦の交換に必要な工具は基本的にすべてのメンテに必要です。

六角レンチはギターメンテの基本になる工具です。ギターにはさまざまなサイズのネジが用いられていますが、それらの多く、特に「調節することが前提」になっている部分に関しては六角レンチで調整することが多いです。

六角レンチは通常、そのギターを購入した際に適合するレンチとして付属されています。ただ、レンチだけではメンテナンスが完了するわけではありません。弦交換の際などにはニッパーが必要ですが、ギターには付属していません。そのような工具は自身で揃える必要があります。

ドライバーは絶対に必要

ギターの機構として、調整することが前提になっている箇所に関しては六角レンチを用いることになります。ただ、それ以外の部分に全く触れなくてもいいというわけではありません。ギター背面のカバーを外す機会なども生じます。

プリアンプを備えたアクティブのギターの場合は、アンプを稼働させる電池を交換する必要があります。そのような場合の多くは一般的なドライバーでビスを外し、カバーを開けて交換する必要があることがほとんどです。また、トレモロユニットのスプリングの調整や、ブリッジの調整にもドライバーが必要になります。

スポンサードリンク

 次の記事へ「」→


サブコンテンツ
スポンサードリンク

このページの先頭へ